6年生の担任から」カテゴリーアーカイブ

明日から新学年がスタートします。

今年はカレンダーの関係から、2月6日に新学年をスタートさせることになりました。

本当のところをいうと、講師陣としては、もう1週間あとでもいいか、と思うところもあるのですが、それだとあまりに間が空きすぎてしまうので、6日スタートとなります。

今年は各校の入試問題の分析をさらに進めて、子どもたちがより効率良く演習を進められるように、学校別バインダーを充実させるほか、学校別ゼミについても改編を進めて、2024年度入試に向けた取り組みを進めていきたいと思います。

2年前から完全オンライン化を進めてきて、日本全国の学校に対応するようになってきました。

基本的には受験する生徒に対応していろいろな中身を再検討していますが、ここ数年、子どもたちが西から東へ、東から西へ移動して受験する流れができています。

オンライン化が進み、子どもが中学になったら、新たに住居を考える、という家庭が出てきていて、地域にとらわれずに学校を決める、というのもひとつのやり方になってきました。単純に塾が合格実績を上げたい、ということではなくなってきているようです。

なので、フリーダムも中学受験が変わっていく中で、負担をなるべく軽減する、というミッションを果たすために、さらにコンテンツを充実させていきたいと思います。

新年度もよろしくお願いします。

フリーダムオンライン 主宰 田中 貴

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

あと一息!

昨日、ある学校に用事があって出向いたところ、受験生の帰りの様子を見ることができました。

試験が終わって、お父さん、お母さんに一生懸命答えた内容を話している子。

黙って前を見据えて歩いている子。

それぞれ、一生懸命がんばった時間を振り返っているのだと思います。

別に話をしないからといって悪いわけではない。

それなりの思いをいろいろ振り返っているのでしょう。

でも試験は終わったので、おいしい物でも食べに行って、リフレッシュしてください。

今日で3日目、あと一息です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

みんなで力を合わせて乗り切ろう

東京、神奈川の入試が始まりました。

今週1週間、入試が続きます。結果が出るまである程度受け続けていく、という日程が組まれていると思います。

だから疲れる。

しかも午前午後と入試を受ける場合もあるでしょう。

で、お父さん、お母さんも疲れる。

特に最近は発表が当時、21時とか22時とかにあったりする。

なので、疲れをためず、休むときはしっかり休む、寝るときはしっかり寝る。

午後、寝れるのなら少し寝てもいいのです。体調は大事。

本人が試験で頑張るのはもちろんだけれど、お父さん、お母さんもそれぞれ分担を決めて、力を合わせて乗り切りましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

手応えと結果は違うときがある

これまでいろいろ経験してきたので、それなりに自分で手応えはわかるものです。

試験が終わって「やった」と思っている子どもたちは、やはりそれなりにうまくいった。

これまでの経験から、いろいろ注意すべきことを学んで、それが割としっかりできた、これはうまくいったかもしれない。

それで実際に合格する子どもたちも多いでしょう。

一方で、手応えがないということもあります。

ただ、自分だけが手応えがないわけではないかもしれない。入試の内容によっては、平均点が低い、ということはあるので、ここであきらめず、最後まで粘ることが大切です。

そうすると、案外合格していたりする。

手応えはあくまで手応え。結果はまた別のものと考えて、試験中は最善を尽くしましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

入試で最も大事な注意点とは

いよいよ東京・神奈川の入試が近づいてきました。

長い間準備をしてきましたが、入試はある意味、あっという間に終わります。

だから、その時間をしっかり集中していくしかない。

で、入試の注意として何が最も大事ですか?と言われれば

「問題を良く読む」

につきると思います。

子どもたちの間違いを後で点検してみると、問題をよく読むだけで正解になった問題が少なくありません。

ではなぜ、読めていなかったのだろうか?と言えば、やはり急いでいるからです。

入試は時間が決まっているので、当然急いでいる。しかし、問題を急いで読んでしまうと、やはり間違いが多くなるのです。

だから急ぐよりも正解率、と考えて、最後までていねいに問題を読んでください。

その結果、ミスを防げたならば、急いでもう1問やるのと同じ効果になるのです。

これまで勉強してきたのだから、力はついている。あとはしっかりそれを発揮することに集中していきましょう!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

算数をあと10点伸ばすルーティン

算数のテストで注意することをまとめてみました。入試のときにやればいいんだ、というわけにはいきません。日ごろから練習するから、正答率が上がるのです。これからの時間でできるようになりますから、しっかり練習してほしいと思います。

(1)まず全体を見回す 何問出ているのか、一番最後がどこかを確認する

入試問題集は本になっているため、わかりやすくなっていますが、本番の入試は問題の間が空いているので、計算はしやすい代わりに、最後がわかりにくくなっています。したがって一番最後がどこか忘れてしまいやすいのです。模擬試験で、「まだ一
問あった!」とぎりぎりになって見つけてしまうとショックが大きい。ですから、最初に何問あるか、確認します。

(2)時間の目安とやる順番を考える

試験時間が50分で4問ならば、1問およそ10分。9問ならば1問およそ5分です。そしてここが大事ですが、とにかく時間がかからずやりやすい問題から始めていくことです。入試は模擬試験と違って、最後の方が難しいとは限りません。最初の方に難しい問題が配置されていて、それで時間がなくなってしまう場合も少なくないのです。計算問題から始めるという子もいますが、計算問題も問題によっては時間がかかってしまいがち。私は計算問題は2問目ぐらいがいいと思っています。まず一問、簡単そうな問題を見つけてやると、落ち着きます。最初に見回すときに、これはできそうだというような問題に丸をつけておくのも良い方法でしょう。早く出来る問題があれば、先ほどの目安に比べて貯金ができます。貯金ができれば、あとの問題を落ち着いて考えることができるのです。ただし、飛ばしてやっていますから、解答欄は必ず確認してください。違う欄に書いてしまえば、それだけでもう点数はなくなってしまうから要注意です。

(3)条件に下線を引く

原価を求めるのか。速さは何なのか。確認するために、条件と思われるところには線を引きましょう。「同時に出発した」「向かい合って」「同時に着いた」などの表現も大事な条件です。ここにヒントがあります。同じ時間かかれば、速さの比が距離の比と同じになり、同じ距離を動けば、時間の比の逆比が速さの比になります。また速さの問題はダイヤグラムに書き直すのも便利な方法。これらを正確にやるためには、条件を正確に読み取ることが大事ですから、下線を引いて確認していくことです。

(4)式を書く

子どもたちの問題用紙を見ていると、いろいろ計算や図が書いてありますが、これが汚い(ごちゃごちゃしている)子はそれだけでも、算数が得意ではないことがわかります。入試問題は、頭の中で解けるものではなく、また計算も式を全部書ききってか
らの方が計算の工夫をしやすいもの。ていねいな字で計算や式を書いている子が「算数ができる子」なのです。家で練習するときは、白紙に式をきちんと書いていく練習をするといいでしょう。本番と同じ問題用紙が手にはいるのなら、それで練習してく
ださい。図を書くのもなるべく丁寧に。定規が使えない学校もあるでしょうから、ていねいに書く練習をしておくことが大事です。

(5)計算はその場で見直す

検算はその場でが原則です。あとからやり直すと、時間が無駄になるだけ。確実に見直ししながら進む練習もしておきましょう。

(6)答えが出たら問題を確認する

答えが出たと思ったときが、一番ミスをしやすいのです。ちょっとした割り算がきれいに割り切れたりすると、もうそれが答えだと思いがち。答えが出たと思ったら、もう一度問題を見て、何を出すか確認することが大事です。

(7)自分ができる問題だけ答えればいい

妙な計算をする子がいます。前半で1問か2問落としたから、難しい問題をとらないと受からない、その結果としてやらなくてもいい問題に手を出して、見直しを忘れてしまう。「自分ができる問題だけ答えればいい」と考えればいいのです。自分が出来る問題を探していきましょう。

自分の力を発揮でいれば良いのです。がんばっていきましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

急ぎの虫に負けるな

以前は、ちゃんと式を書いて解いていたのに、試験の練習を始めるうちに、だんだん間に合わなくなって、式を書いたり、筆算を途中でやめてしまったりしはじめる子がいます。

これはミスの原因に必ずなる。焦って解いているから、筆算も途中、式もちゅうと半端になってしまうので、ミスがでやすい。できる問題を落とす原因になりかねない。

急ぎの虫はミスを誘発する原因になるのです。

実際に式を書いて解いてみると、案外計算はそう多くなくて済むことが多い。式を書けば計算の工夫も見つかりやすいし、なにせ今自分が何をやっているのかを確認できるから、解き直しをすることなく進める。

なので、ぜひ算数の問題用紙の余白を見てください。そこがぐちゃぐちゃな子は、まずミスがでやすい。

問題用紙の余白にきちんと式を書けていけば、実はそんなにたくさんの余白が必要ないところもあるのです。

急がば回れ、で特に遅い子は正解率で勝負をするしかないのだから、式や筆算を欠かさず書くようにしてください。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

強気で行こう

6年生はこの時期、相当集中して勉強をしているでしょう。

東京・神奈川の入試までもう残り2週間。もうちょっと時間がほしい、と思っている子もいるでしょうが、しかし2週間でも相当、いろいろなことができる。

だからネガティブな気持ちは全て振り払い、今やっていることに自信を持って取り組んで欲しいと思うのです。

この時期は親も子も否定的な気持ちになりやすい。

しかし、それはあまり意味がない。ここからは一気に強気で良いと思うのです。

あと何をすれば合格するか、に集中する。

時間は限られているが、限られているところでも集中していれば相当できるようになる。

この2週間は一気に仕上げられる良い時期ですから、気持ちを強く持って勉強に打ち込んでください。

最後までできることをしっかりやり遂げていきましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

解説を読み解く

過去問を解き始めると、全部最初から解けるわけではないので、その解説をしっかり読まないといけないことは多いのですが、しかし、それをちゃんと読めていない子が案外多いものです。

急いでいろいろなものを読む癖がついているからかもしれませんが、とにかくわかっていない。

ここにこう書いてあるから、と説明しても「???」ということもあるわけで、まあ、その場合は最初から説明することにしているわけですが。

しかし、先生といる間だけでは、どうしようもないところはある。

やはり自分で問題を解いて、解説を読んで、これから納得する場面が多くならないと、勉強ははかどりません。

なので、なるべく自分で解決できるように仕向けていくことが大切です。

たくさんやらないといけないから、というので、家庭教師の先生に一気に説明してもらっても、本人が納得することはあまりない。

自分で解いて、いろいろ苦戦しながらもわかっていくことの方が大事ですから、その辺はしっかり準備を進めていきましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/

個の課題を明確にする仕組みづくり

WEBワークスでは、子ども一人一人の問題がクローズアップされるようになっています。

これまでの学習履歴が蜘蛛の巣グラフになっているので、何ができて、何ができないかは一目瞭然になる。

また、志望校の出題レベルに達しているかもわかるので、そうなれば後はそれに届くには何をやるか、ということが課題になってきます。

知識の暗記が必要であれば、一問一答を繰り返す。

問題演習が必要であれば、過去問や学校別バインダーで必要な範囲の問題演習をする。

「ここができていない」「ここがわかっていない」ということを解決していけば、合格に確実につながります。

この後半で大分力をつけてきた子がいるし、摸擬試験の点数が一気に上がってきた子もいる。

子どもたちの負担は減らし、効率を上げるためには、やはり現状のデータ分析がしっかりできていることが必要です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村


WEBワークスは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://freedomsg.net/